公開シンポジウム
均等法は「白鳥」になれたのか
―男女平等の戦後労働法制から展望する


 控えめな立法だった1985年均等法から1997年の改正強化により、同法は「みにくいアヒルの子から白鳥になった」とも称された。
しかしこんにち、大多数の女性は、均等待遇とは無縁に非正規・パート・派遣などとして働いており、女性の貧困、子どもの貧困が憂慮
されている。2015年8月に女性活躍推進法が制定されたことは、均等法体制をどのように変えるのだろうか。

10/25(日)13:30〜17:00

入場無料(当日先着順300名/事前申込不要)

会場/日本学術会議講堂
   東京メトロ千代田線「乃木坂」駅5出口

コーディネータ
 大沢 真理(日本学術会議連携会員、東京大学教授)

開会挨拶
 遠藤 薫(日本学術会議第一部会員、ジェンダー研究分科会委員長、学習院大学教授)

報告者:
 1 上野 千鶴子(日本学術会議連携会員、立命館大学特別招聘教授)
 2 中野 麻美(弁護士、フォーラム・「女性と労働21」共同代表、派遣労働者ネットワーク理事長)
 3 小林 洋子(厚生労働省雇用均等・児童家庭局雇用均等政策課長)

コメンテータ:
 村尾 祐美子(東洋大学准教授) 
 松田 康子(情報労連、労働政策審議会雇用均等分科会前委員)

総括コメント:
 小宮山 洋子(小宮山洋子政策研究会、元厚生労働大臣)

チラシを表示

 

>>戻る